株式ニュース速報、日本株情報、IPO初値予想を初心者でもわかる外国為替FX、証券口座開設方法までオススメ情報満載

株ニュース倶楽部

注目株・マーケット

アデランスMBO、北方領土関連上昇、新潟県知事選で東京電力が急落

投稿日:

マーキュリアインベストメント初値公開価格を下回る、アデランス株ストップ高

【2016/10/17(月曜)】

10月17日大引けの日経平均株価は続伸、43円75銭安の1万6900円12銭で終了、TOPIXは5.37ポイント高の1352.56ポイントで終了。東証一部の出来高は15億2703万株、売買代金は1兆6333億円、東証一部の値上がり銘柄数1204、値下がり銘柄数624、トランプリスク後退で円安・日本株高との見方が強まってきていますが、テクニカル指標で買われ過ぎの日経平均には日柄調整が必要との意見も聞かれました。

北方領土をロシアと共同統治を検討と報じられロシア関連銘柄が上昇、業種別株価指数では鉱業が上昇率トップ、国際石油開発帝石(1605)、三井松島(1518)などエネルギー関連が買われ、三井物産(8031)、三菱商事(8058)、住友商事(80539など商社株がしっかり、アデランスは投資ファンドのインテグラルを通してMBOすることで買付価格1株620円にサヤ寄せするようにストップ高、ジャパンディスプレイ(6740)はSMBC日興証券がレーティング「1」に格上げして急騰しました。

東京電力が大幅安、JR九州の購入資金の為にIPO銘柄に換金売り

一方で値下がりが目立ったのは、新潟県知事選挙で柏崎刈羽原子力発電所の再稼働反対派の米山氏が当選したことで東京電力(9501)が大幅安、IDOM(7599)はネガティブ決算に触れたレポートが大和証券から出されたことが注目されました、ホクリョウ(1384)は利益確定の急反落、出光興産(5019)と昭和シェル(5002)も反落したことで農林水産、石油関連が軟調でした。

IPOマーキュリアインベストメント(7190)が東証二部市場へ新規上場となりましたが、公開価格1450円に対して初値が1390円と公開価格を4.1%下回り、直近IPO銘柄で上昇していた串カツ田中(3547)が利益確定の為に一時ストップ安まで下落、市場関係者からは10月25日に新規上場するJR九州(9142)購入資金の為に換金売りが出ているとの話が聞かれました。

5%ルール クルーズ(2138)-タワー投資顧問 大量取得
stockholder.top/archives/52155410.html

5%ルール マーキュリア(7190)-伊藤忠商事(8001)ロックアップ期間
stockholder.top/archives/52155409.html

中小型株・成長株レーティング情報、コスモス薬品、サイゼリヤ

任天堂(7974)を取材、野村証券がレーティング「BUY」へ格上げ

任天堂(7974)を取材、野村証券がレーティング「BUY」へ格上げ

さくらインターネットが上げ幅拡大、米エブリセンとIoT分野で協業
225index.com/archives/11969086.html

ハロウィン関連銘柄、大手証券の注目株10銘柄リスト

マーキュリア(7190)の初値は1390円、公開価格を4.1%下回る

きょう東証2部市場に新規上場のマーキュリアインベストメント(7190)が午前9時6分に、公開価格1450円を4.1%下回る1390円で初値をつけた。寄り付きが安値となり、その後は1539円まで買われる場面があった。その後は売り優勢となり、終値は1395円だった。

同社は、香港に上場している不動産投資信託(REIT)などを運用する。公募53万1000株、売り出し38万1100株のほか、オーバーアロットメントによる売り出し13万5100株を実施した。会社側がきょうの寄り付き前に発表した16年12月期の連結営業利益は、前期比20.8%増の10億9500万円の見通し。

公開価格1450円に対し、初値予想市場コンセンサスは公開価格と同水準の1450円とみれられていたものの、やや下回った。公開規模が15億1844万円と東証2部上場案件としては大きめで、初値の伸びは期待しにくいとみられているほか、投資ファンド運営という事業内容もIPO市場で人気化しにくいとの見方があった。



・寄り付き前の外資系証券注文状況
jpxnikkei400.com/

・マーキュリアインベストメントの初値予想、きょう東証2部に新規上場
www.kabu-net.com/desc.php?id=136495

・ファーストブラザーズ(3454)、21日付で東証1部に
www.kabu-net.com/desc.php?id=136496

・1017レーティング

・ハウス食G(2810)が4~9月期の利益予想を上方修正

・パナホーム(1924)が17年3月期の業績予想を下方修正

・三菱ケミHD、「4~9月期営業益2割減の1100億円に上振れ」報道

・1017レーティング


・新規上場のマーキュリア(7190)がウリ気配、香港上場のREITを運用
www.kabu-net.com/desc.php?id=136502

・マーキュリア(7190)の初値は1390円、公開価格を4.1%下回る
www.kabu-net.com/desc.php?id=136503

・アデランスがカイ気配、MBO実施、買付け価格にサヤ寄せの動き
www.kabu-net.com/desc.php?id=136504

・JDIがマドを開けて急騰、国内大手証券が「アウトパフォーム」へ格上げ
www.kabu-net.com/desc.php?id=136505

・東電力HDが急反落、新潟知事選で柏崎刈羽原発再稼働に慎重な米山氏当選
www.kabu-net.com/desc.php?id=136506

・値上がり率トップは日本コークス、上方修正がポジティブ・サプライズに

・IDOMが大幅続落、国内大手証券ではリソース分散で収益性の後退を懸念

・サイゼリヤが連騰、国内有力証券は投資判断を最上位の「A」へ引き上げ

・ドトール日レス(3087)が9カ月ぶり新値、3~8月期2ケタ増益

WordPressが簡単・すぐに使える『レンタルサーバーheteml(ヘテムル)



・昼のバスケット

・富士通(6702)が小高い、踏み込んだ事業変革を示せるか

・5%ルール KHネオケム(4189)-日本産業パートナーズ

・5%ルール KHネオケム(4189)-日本産業パートナーズ

・5%ルール KHネオケム-シェパーズ・ヒル・キャピタル・パートナーズ

・5%ルール レッド・プラネット・ジャパン(3350)-レッド・プラネットHD

一目均衡表とは? 一目均衡表の見方
www.three-eye.jp/ichimokukinko/ichimokukinko_index.htm

・5%ルール大量保有報告書 クルーズ(2138)-タワー投資顧問

・さくら(3778)が上げ幅拡大、米エブリセンとIoT分野で協業

・任天堂(7974)を取材、野村証券がレーティング「BUY」へ格上げ

・キャンドゥ(2698)が急反発、利益予想を上方修正、営業利益は81%増に

・日経平均は買われ過ぎの調整余地が続くが下値は200日移動平均線
www.kabu-net.com/desc.php?id=136524

・DOWAが急反発、4~9月期の利益予想を上方修正し減益幅が縮小

・ファーストリテイリング(9983)は2020年の売上高3兆円を目指す
www.kabu-net.com/desc.php?id=136526

・VRコンテンツ豊富なカヤック(3904)に注目、通期業績に上ブレ余地
www.kabu-net.com/desc.php?id=136528

・場中レーティング

・NEC(6701)、欧州大手証券は事業構造改革や事業削減施策が必要と指摘

・アナリストレポート拾い読み

・アデランス(8170)MBOにて上場廃止へ、ベクター利益確定で急落

・クリントン優勢=ドル高、チャートは1ドル=107円を目指す動き
www.kabu-net.com/desc.php?id=136493



-注目株・マーケット
-, , , , , ,

Copyright© 株ニュース倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.