株式ニュース速報、日本株情報、IPO初値予想を初心者でもわかる外国為替FX、証券口座開設方法までオススメ情報満載

株ニュース倶楽部

注目株・マーケット

防衛関連銘柄に高値続出、防衛計画の大綱を前倒し改定が手掛かり材料

投稿日:

豊和工業が連日の高値、「防衛計画の大綱を前倒し改定」

1月30日の東京市場で防衛関連とされる銘柄が買われている。豊和工業(6203)が3連騰し、後場に前週末比52円(7.5%)高の746円まで買われ、連日で昨年来高値を更新した。きょうはこのほか、石川製作所(6208)や東京計器(7721)が急伸。防塵、防毒マスクの生産メーカーの興研(7963)も高い。

きょう付の産経ニュースで、「政府が防衛力整備の基本方針『防衛計画の大綱』を前倒し改定する方向で検討に入ったことが29日、分かった」と伝えられ、買い手掛かり材料視されている。かねてから米国大統領にトランプ氏が就任すると、日米安保条約に変化が起きるのではないか?日本の国防費用が増加するのではないか?と言われている、マティス国防長官が就任後初の外国訪問を2月2日に韓国、2月3日~4日に日本へ訪れ同盟国との関係強化を強調する見通し。

国防関連、防衛関連企業は国策に売り無しともいえる、イージス艦を作っている会社はどこ?潜水艦を作っている会社はどこ?装甲車、対戦手りゅう弾を作っている会社はどこ?三菱重工(7011)、川崎重工(7012)、コマツ(6301)というように、すぐに企業名が挙がってきます。また現代の兵器はハイテク電子制御機器が多く、警戒管制レーダーはNEC(6702)が作っていますし、いま不正会計や巨額の特損で揺れている東芝(6502)は対空誘導弾、探索用レーダー、電波監視装置などを作っています。

参考MSCI定期見直しでパッシブ需要6銘柄、ソフトバンク、トヨタなど
参考トランプ関連銘柄の押し目買い「注目株35リスト」12月高値波動か
参考日経平均株価下値は19000円~17744円、短期調整後4月-6月に20000円
参考マネックス証券、新規口座開設51000円プレゼントキャンペー

防衛計画の大綱




2017年注目株テーマ、防衛関連銘柄を大手証券が投資戦略で推奨

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ 30通貨ペアの為替チャート・レートが見られるザイFX!

-注目株・マーケット
-, , , , , ,

Copyright© 株ニュース倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.