株式ニュース速報、日本株情報、IPO初値予想を初心者でもわかる外国為替FX、証券口座開設方法までオススメ情報満載

株ニュース倶楽部

注目株・マーケット

フィル・カンパニー初値4000円、やせる細胞量産でアイロム大幅高

投稿日:

IPOフィル・カンパニー好スタート、トランプ関連銘柄で石炭企業の株価上昇

【2016/11/21(月曜)】

225chart-161121 225chart-161121daily

大引けの日経平均株価は138.61円高の18106.02円、TOPIXは14.47ポイント高の1442.93ポイントで終了。東証一部の出来高は20億707万株、売買代金は2兆2867億円、値上がり銘柄数1406、値下がり銘柄数463、変わらずは117、上場2日目のフィル・カンパニー(3267)が4000円で初値をつけ、タカタ(7312)がストップ高、銀行株、任天堂、トヨタなどが高い。

米国インフラ関連が循環物色で相場が続き、農薬関連企業の株価が高い、イハラケミカル(4989)が業績を好感して値上がり、親会社のクミアイ化学(4996)が連れ高となり日本農薬(4997)も上昇。任天堂(7974)はスーパーマリオランを12月に配信されることで根強い人気から連騰、三井松島(1518)、住石ホールディングス(1514)はトランプ次期大統領が化石燃料を積極的に推す政策を掲げていることで石炭関連で買われた。

アイロムHD(2372)は「やせる細胞の量産」という将来への期待から大幅続伸、グリーンペプタイド(4594)はiPS細胞から血液がん治療役の開発に乗り出すと報じられてストップ高、ブロードリーフ(3673)は1:2の株式分割、株主優待制度にクオカード進呈する実質増配となることを好感されてストップ高まで買われた。

上場初日に初値が付かなかったフィル・カンパニー(3267)はきょう上場2日目に4000円で初値をつけた、公開価格1310円に対して約3倍の初値と言う強いスタートとなった。値下がり率2位の東海運(9380)はペルーで行われたAPEC首脳会談で、安倍首相とロシアのプーチン大統領が会談後、平和条約締結交渉に対して「そう簡単ではない」と慎重な見通しを示したことがロシア関連銘柄の売りにつながった。

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ



5%ルール 良品計画(7453)-GICプライベート・リミテッド 大量取得
stockholder.top/archives/ryohin-keikaku-gic-private.html

5%ルール 加藤製作所(6390)-大和証券投資信託委託 大量取得
stockholder.top/archives/kato-works-daiwaasset-161121.html

米国大統領選挙後の日本株、トランプショック&トランプラリー銘柄

ブロードリーフがストップ高、1対2の株式分割と実質増配などを好感
225index.com/archives/green-peptide-stock-split.html

ロシア関連銘柄が小動き、安倍プーチン首脳会談で慎重な見方を示す

上場2日目のフィル・カンパニー(3267)が4000円で初値をつける、公開価格の3.05倍

前週末18日に東証マザーズ市場に新規上場したフィル・カンパニー(3267)がきょう午前9時59分に、公開価格1310円の3.05倍となる4000円で初値をつけた。その後は4470円まで買われた後は、初値近辺で推移している。

同社は、1階を駐車場、2階以上を店舗とする建物の企画や設計を手がける。公募20万株、売り出し10万株のほか、オーバーアロットメントによる追加売り出し4万5000株を実施。会社側が18日の寄り付き前に発表した16年11月期の連結営業利益は前期比33.0%増の2億円の見通し。

上場初日に人気化して値がつかなかったこともあり、一部の初値予想が4000円へ引き上げられていた。市場からの吸収金額が約4億5200万円程度と小さかったうえ、ユニークな事業内容や業績の伸び、今後の展開余地の大きさなどが人気化の要因とみられていた。

相場の先読みアナリストレポート拾い読みを毎日配信! 無料体験メルマガ登録

・寄り付き前の外資系証券注文状況

・野菜高騰が直撃、ピックルスコーポレーション(2925)が下方修正

・ユニファミマ、「伊藤忠(8001)が株式買い増し、投資額は400億円規模」

・ブロードリーフ(3673)、12月16日を基準日に1対2の株式分割
www.kabu-net.com/desc.php?id=137413

・ソフトクリエイトHD(3371)、連結子会社エイトレッドのマザーズ上場承認
www.kabu-net.com/desc.php?id=137414



・東海運、日露首脳会談で平和条約締結交渉に対し安倍首相が慎重な見通し
www.kabu-net.com/desc.php?id=137416

・東海染工(3577)が急反発、発行済み株式の2.35%を自社株買い
www.kabu-net.com/desc.php?id=137417

・イハラケミカル(4989)が続急伸、業績予想の上方修正を素直に好感
www.kabu-net.com/desc.php?id=137418

・ブロードリーフ(3673)が一時ストップ高、1対2の株式分割と実質増配

プーチンの国家戦略 岐路に立つ「強国」ロシア

・フィル・カンパニー(3267)が4000円で初値をつける、公開価格の3.05倍

・グリーンペプがストップ高、T-iPS細胞がん免疫療法製剤のAITを子会社化
www.kabu-net.com/desc.php?id=137422

・バリューゴルフ(3931)が大幅続落、17年1月期連結利益予想を下方修正
www.kabu-net.com/desc.php?id=137424

・昼のバスケット
www.kabu-net.com/desc.php?id=137428

・日本サード・パーティがストップ高、NVIDIA社と総括サポート契約
www.kabu-net.com/desc.php?id=137427



・DOWAが大幅反落、既存事業の強化による業績向上貢献は時間を要すると

・小野薬が続落、「50%引下げは結論ありきで強引に導き出された印象が強い」
www.kabu-net.com/desc.php?id=137430

・JR九州(9142)、銀行系大手証券は1157万株、3.6日のインパクトを見込む
www.kabu-net.com/desc.php?id=137431

一目均衡表とは? 一目均衡表の見方

一目均衡表DVD やさしいチャート教室1-6全巻セット
openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/kabunetcom3

・三井松島(1518)が新値追い、国内有力証券がカバレッジ開始
www.kabu-net.com/desc.php?id=137433

・コカウエストが大幅反発、国内大手証券は目標株価3900円へ引き上げ
www.kabu-net.com/desc.php?id=137434

・バンナムHD(7832)が反発、銀行系大手証券が目標株価を4000円へ
www.kabu-net.com/desc.php?id=137436

・ディーエヌエー、「SUPER MARIO RUN」の収益貢献判明まで様子見姿勢
www.kabu-net.com/desc.php?id=137438

・アナリストレポート拾い読み
www.kabu-net.com/desc.php?id=137397

テレビ・新聞が決して報道しないシリアの真実 (朝日文庫)

中古価格
¥272から
(2016/11/21 17:11時点)

-注目株・マーケット
-, , , , ,

Copyright© 株ニュース倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.