株式ニュース速報、日本株情報、IPO初値予想を初心者でもわかる外国為替FX、証券口座開設方法までオススメ情報満載

株ニュース倶楽部

注目株・マーケット

住友不動産株価に割安感乏しくレーティング「ニュートラル」

投稿日:

住友不動産株価レーティング「Neutarl」

日経平均株価が10月2日高値2万4448円07銭をつけてから、現在は10月26日に20971円93銭の安値、11月21日に21243円38銭の安値で、2番底が形成されるか不透明な状況。

こうした中でJ-REITや大手不動産株が堅調に推移、三井不動産(8801)、住友不動産(8830)の2社が株価上昇、三菱地所(8802)は業績見通しが低かったために株価軟調が継続。

三菱UFJモルガンスタンレー証券は、住友不動産株価レーティングを「ニュートラル」継続、目標株価を3800円→3770円へ引き下げた。

レポートによると、「マクロ不透明が増す局面で財務レバレッジの高い同社は、不動産セクター中で投資対象として選好されないと考え、レーティング Neutral を継続する。」と解説。

住友不動産マンション引渡戸数好調、不動産賃貸ビジネス好調

野村不動産HD株価急落、日本郵政がM&A買収計画をトーンダウン

住友不動産販売TOB、ソレキアTOBで佐々木ベジ氏のTOB価格上回る

 

-注目株・マーケット
-,

Copyright© 株ニュース倶楽部 , 2018 AllRights Reserved.