株式ニュース速報、日本株情報、IPO初値予想を初心者でもわかる外国為替FX、証券口座開設方法までオススメ情報満載

株ニュース倶楽部

IPO情報

ビーブレイクシステムズ初値予想コンセンサス新規上場企業情報

投稿日:

ビーブレイクシステムズ新規上場企業情報

5月12日、東京証券取引所はビーブレイクシステムズ(3986)の上場承認を発表した、上場日は6月15日、東証マザーズ市場へ新規上場する。同社はクラウドERP(MA-EYES)の開発および販売サービス、システム受託開発やIT分野の人材派遣を行っている。主幹事証券はSBI証券、幹事証券はSMBC日興証券、みずほ証券、岡三証券、極東証券、岩井コスモ証券、公募売出しは25万株、想定発行価格1380円、時価総額は18億6000万円規模となる。

IPOビーブレイクシステムズ初値予想は超強気の初値をつけると期待されている、事業内容がIT関連、クラウド関連で個人投資家が好むうえ、新規上場の際に株式放出が経営陣であることで、投資ファンドなどの大規模な売主がいないことから需給面での安心感がある。マクロミル、スシロー、ウェーブロックなど再上場案件のIPOは投資ファンドの資金回収の為に株式公開する点が嫌われ初値が公開価格割れした。今回は成長の為の株式公開で投資家に受け入れられる。

ビーブレイクシステムズIPO初値予想

IPOは4月25日のアセンテック(3565)から6月15日のビーブレイクシステムズまで2か月間の空白期間があり、目新しい物を欲している投資家や投資リターンが大きく、確実性が高いIPOに買いが集中する可能性が予想される。少なくとも公開価格の2倍以上は手堅いと言えそうだ。既にIPO関係者の間では投資情報として積極的に抽選申し込みを推奨している。

ビーブレイクシステムズIPO購入方法は主幹事のSBI証券から申し込むのが一番確率が高い、同証券は口座数が多いが抽選確率を上げるためにチャレンジポイント制度があるので有効に使いたい。




ビーブレイクシステムズ新規上場企業情報

企業名 ビーブレイクシステムズ(3986)
市場 マザーズ
事業内容 主にクラウドERP(MA-EYES)の開発および販売を行うパッケージ事業と、顧客が構築するシステムの受託開発やIT人材の派遣を行うシステムインテグレーション事業
上場予定日 6月15日
公募(新株発行) 164,000
公募(自己株式の処分) 86,000
売出し(引受人の買取引受による売出し) 62,000
OA 31,200
仮条件決定日 5月25日
ブックビルディング期間 5月29日-6月2日
公開価格決定日 6月5日
申し込み期間 6月7日-6月12日
払込日 6月14日
幹事証券 SBI証券、SMBC日興証券、みずほ証券、岡三証券、極東証券、岩井コスモ証券
ランキング LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ 30通貨ペアの為替チャート・レートが見られるザイFX!

参考無料体験メルマガ登録 明日の注目情報
参考ビーブレイクシステムズ目論見書

-IPO情報
-, , , ,

Copyright© 株ニュース倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.