株式ニュース速報、日本株情報、IPO初値予想を初心者でもわかる外国為替FX、証券口座開設方法までオススメ情報満載

株ニュース倶楽部

注目株・マーケット

ラジオ日経で早見雄二郎氏が注目株と紹介したテクノホライゾンHD

投稿日:

材料株活況、ニチダイ、テクノホライゾン大幅高

日経平均株価2018年2月15日

2月15日、大引けの日経平均株価は4日ぶりに急反発、終値は310円81銭高の21464円98銭、TOPIXは16.55ポイント高の1719.27ポイントで終了。東証一部の出来高は15億7111万株、売買代金は2兆9682億円、値上がり銘柄数1393、値下がり銘柄数606、変わらずは66、米国株式市場はVIX指数の低下で4日続伸。

米国株式市場に比べて日本株が弱い日が続き、1ドル=106円台までの円高が輸出企業収益見通しにネガティブ材料と受け止められたが、日経平均株価が200日移動平均線に到達して、日経平均予想PERは12.81倍まで低下。2016年7月8日BREXIT直後の12.67倍以来の低水準となったことで割安となり水準訂正で反発タイミングとなった。




外食産業すかいらーく(3197)は市場予想を下回る減益となり大幅安、ヤクルト(2267)は仏ダノン保有株を放出と報じられ需給悪化を嫌った売りで大幅安、カラーコンタクトレンズのシンシア(7782)は決算発表で前期比53%営業減益を嫌気してストップ安、印刷インキ業界3位のサカタインクス(4633)は2ケタ減益見通しを嫌気して東証一部値下がり率ランキングトップとなった。

前日に外資系証券から目標株価引き上げのあった半導体製造装置関連が大幅続伸、東京エレクトロン(8035)、SCREENホールディングス(7735)、SUMCO(3436)、ディスコ(6146)が大幅高。ニンテンドースイッチ販売台数の見通しが強く岩井コスモ証券が目標株価を57000円へ引き上げた任天堂(7974)が売買代金2位で大幅高、下落基調にあった通信セクターに割安感からNTT(9432)、KDDI(9433)が買われ、米国市場でJPモルガン、ゴールドマンサックスが上昇した流れで、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)、三井住友フィナンシャルグループ(8316)が上昇した。

材料株では杉村倉庫(9307)の次に人気化しているニチダイ(6467)が後場急伸、ラジオ日経で早見雄二郎氏が注目株と紹介したテクノホライゾンHD(6629)がほぼ高値引けとなった。

参考にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
参考今週の急騰銘柄を無料公開!

-注目株・マーケット

Copyright© 株ニュース倶楽部 , 2018 AllRights Reserved.