株式ニュース速報、日本株情報、IPO初値予想を初心者でもわかる外国為替FX、証券口座開設方法までオススメ情報満載

株ニュース倶楽部

注目株・マーケット

HEROZ初値テンバガー、上場3日目に49,000円初値をつける

投稿日:

HEROZ初値予想を大幅に上回る49000円

日経平均株価

4月24日の日本株市場は3日ぶりに反発、日経平均株価の終値は前日比190円08銭高の2万2278円12銭、TOPIXは18.96ポイント高の1769.75ポイントで終了。東証一部の出来高は14億6994万株、売買代金は2兆4349億円、値上がり銘柄数1603、値下がり銘柄数415、変わらずは64、IPOのHEROZ(4382)初値4万9000円、上場3日目に売買が約定した。

HEROZ公開価格4500円に対して初値は4万9000円、しょっぱなからテンバガーとなり市場の注目となった。初値形成後は4万9650円まで値上がりしたが、値幅制限下限の7000円安4万2000円ストップ安売り気配で取引を終えた。さすがに割高と投資家が判断してHEROZ株価急落となったが、今年一番高い初値パフォーマンス銘柄となった。

参考にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
参考人気のFX!FXプライムbyGMO
参考今すぐ体験!一カ月間無料お試しキャンペーン実施中!
ネットで借りて~自宅に届き~ポストへ返却♪

東証一部市場の値上がり率ランキング1位はCEホールディングス(4320)で、前日発表の業績上方修正が買い手掛かりとなった。2位の宮越ホールディングス(6620)は、中国深セン都市開発プロジェクトが進展するとの期待感から2日連続ストップ高、OATアグリオ(49979)、セック(3741)、コシダカホールディングス(2157)と続いた。

ヤマハ(7951)がドイツ証券がレーティング新規「BUY」、モルガンスタンレー証券が「オーバーウェイト」へ格上げしたことで買われ、三井不動産(8801)、三菱地所(8802)、住友不動産(8830)大手不動産3社はモルガンスタンレー証券が「オーバーウェイト」へ格上げが材料となって揃って上昇した。

サウジアラビアがイエメンを空爆したことで原油価格が上昇、NN原油ブルETN(2380)が4.31%上昇して年初来高値を更新。エル・ティー・エス(6560)はラジオNIKKEI番組で紹介されて株価急騰、テックファーム(3625)は人工知能関連、IoT関連の最高益更新銘柄として物色され、東京都競馬(9672)はジェフリーズ証券がレーティング「BUY」に格付けしたことが材料視されて続伸、ネクスグループ(6634)とフィスコ(3807)は過熱感から売られ、ロコンド(3558)も3日続落、マネックスグループ(8698)は1円高で終わった。

参考《人気の新規公開株》松井証券の取扱銘柄はこちら。

HEROZ上場承認、人工知能AI関連として期待大のIPO銘柄

-注目株・マーケット
-, , , , ,

Copyright© 株ニュース倶楽部 , 2018 AllRights Reserved.