株式ニュース速報、日本株情報、IPO初値予想を初心者でもわかる外国為替FX、証券口座開設方法までオススメ情報満載

株ニュース倶楽部

注目株・マーケット

ヒラリー・クリントン候補が優勢、日本株は半年ぶりに1万7235円

投稿日:

不動産株、任天堂、ガンホー、川上塗料などロシア関連が値上がり

【2016/10/20(木曜)】

大引けの日経平均株価は236円59銭高の1万7235円50銭、TOPIXは13.60ポイント高の1370.80ポイントで終了、東証一部の出来高は18億5108万株、売買代金は2兆825億円、値上がり銘柄数1466、値下がり銘柄数414、大引けに掛けて上げ幅を強めこの日の高値引け、約半年前の株価水準にまで上昇、売買代金は約3週間ぶりに2兆円を回復した。

第3回米国大統領選挙テレビ討論会が始まる日本時間10時を待たず、9時半ころから日経平均株価が値上がり始めた。上値の抵抗帯として1万7000円~1万7250円が意識されているが、売買代金が2兆円を回復してこのまま続けば今年4月の高値1万7613円も意識されそうだ。

不動産株が軒並み高、東証一部市場の値上がり率ランキングには三井不動産(8801)、住友不動産(8830)、三菱地所(8802)、東急不動産HD(3289)などがランクイン。買われた背景として「不動産株は出遅れ銘柄」と説明が聞かれた。任天堂(7974)が一時、1000円を超す上げ幅、任天堂公式Twitterで「任天堂NXの映像を23時にホームページで公開」と予告があったことが買い材料。

午後になるとガンホー(3765)が急上昇した、同社の新作ゲーム「セブンス・リバース」事前登録開始が好材料となって買われた。値上がりトップの安永(7271)は業績上方修正を好感されてストップ高、ロシア関連銘柄で川上塗料(4616)がストップ高となり、東海運(9380)も連騰となった。
野村證券が2017年の「10本の矢」7銘柄BUY、3銘柄ニュートラルを発表。
メルマガ登録で詳細を明日配信

5%ルール 日本水産(1332)-マラソン・アセット・マネジメント(英国)
stockholder.top/archives/52155652.html

5%ルール 大塚家具(8186)-レオス・キャピタルワークス
stockholder.top/archives/52155592.html

夢の街創造委員会レーティング「A」でレポート、いちよし証券

米大統領選挙ブックメーカー「トランプ勝率」は10%~12%

ロゼッタは自動翻訳サービスがインバンド関連、人工知能AI関連の材料
225index.com/archives/rozetta-translation.html

ガンホー・オンライン『セブンス・リバース』の事前登録開始で大幅高

ガンホー・オンライン『セブンス・リバース』の事前登録開始で大幅高

安永(7271)がストップ高、4~9月期営業益を3.5倍へ引き上げ

安永(7271)が急伸。前日比80円(17.2%)ストップ高水準の546円まで買われている。東証1部の値上がり率ランキングでトップ。19日引け後に、17年3月期中間期(4~9月)の連結業績予想を上方修正した。

営業利益は4億5000万円から6億3000万円(前期比3.5倍)へ、最終損益は2億円の赤字から5000万円の黒字(前年同期は9600万円の赤字)へ引き上げられ、好感されている。エンジン部品事業で、原価低減活動が寄与した。



・寄り付き前の外資系証券注文状況 210万株売り越し
jpxnikkei400.com/archives/7531732.html

・省電舎(1711)・ブランジスタ(6176)、東証が増担保規制

・三菱自(7211)、通期の最終損益を2400億円の赤字へ下方修正
www.kabu-net.com/desc.php?id=136612

・1020レーティング

・旭化成(3407)、「4~9月期営業益680億円」と伝わる

・古河電池(6937)、「4~9月期営業益4割増に」と伝わる
www.kabu-net.com/desc.php?id=136615

・ダイフク(6383)、「4~9月期営業益1割増」と伝わる

・カーバイド、連結子会社で不適切な会計処理が判明、損益影響額7億円
www.kabu-net.com/desc.php?id=136617

・1020レーティング2

・LIXIL(5938)が続伸、上方修正で通期最終損益は380億円の黒字に

・カイオムが続急伸、抗DLK-1抗体を非臨床試験の実施プログラムに採択
www.kabu-net.com/desc.php?id=136620

・メディア工房がストップ高カイ気配、AI研究所立ち上げとVR市場参入契機
www.kabu-net.com/desc.php?id=136621
税理士の料金を安くしたい方はコチラ

・任天堂がプラス転換し一段高、きょう深夜に新ゲーム機“NX”の映像公開
www.kabu-net.com/desc.php?id=136623

・高松G(1762)が高い、4~9月期の利益予想上方修正

・エーザイが続伸、国内大手証券は中期業績予想を見直し「中立」へ格上げ

・5%ルール 夢の街創造委員会(2484)-有限会社キトプランニング

・5%ルール 夢の街創造委員会(2484)-一村哲也

・5%ルール 夢の街創造委員会(2484)-LINE(3938)

・レーティング新規買い推奨観測銘柄
www.kabu-net.com/desc.php?id=136628

格安航空券予約サイト【エアリザーブ】で快適な帰省の旅!



・シンフォニアが続急伸、「新型ロケット『H3』に参画」と伝わる

・IBJが続急伸、「1~9月期の営業益8億5000万円程度」と伝わる

・昼のバスケット

・ブックメーカーによる米大統領選でトランプ候補者の勝率は10~12%
www.kabu-net.com/desc.php?id=136632

・カシオが反発、「今後の下方修正と構造改革で悪材料は出尽くし」

・ゲオHD(2681)が続伸、iPhoneの修理事業開始を材料視



・5%ルール 日本水産(1332)-マラソン・アセット・マネジメント(英国)

・5%ルール 大塚家具(8186)-レオス・キャピタルワークス

・5%ルール ノバレーゼ(2128)-NAPホールディングス

・場中レーティング

・ガンホー(3765)が後場急伸、『セブンス・リバース』の事前登録開始

・ブランジスタがマザーズ下落率ランキングトップ、増担保規制が重し

一目均衡表DVD やさしいチャート教室1-6全巻セット
openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/kabunetcom3

・ロゼッタ(6182)、東京五輪に向けて自動翻訳サービスが拡大する見込み
www.kabu-net.com/desc.php?id=136639

・サンエーが新値追い、国内大手証券「中長期で成長が続く見通し」

・THK、米系大手証券は業況低迷やリターン悪化などは織り込まれつつあると

・ソフトバンク、比でEVとITを組み合わせた新公共交通システム実証事業

・昭和電工(4004)が後場急落、「独大手の黒鉛電極事業を買収」と伝わる

・カイオム、米国国立がん研究所が非臨床試験の実施プログラムに採択

・三菱自が急騰、日産自ゴーン社長が三菱自動車の会長に就くと発表

・LIXILが利益予想を上方修正、通期最終損益は380億円の黒字に

・アナリストレポート拾い読み

 

-注目株・マーケット
-, , , , ,

Copyright© 株ニュース倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.