株式ニュース速報、日本株情報、IPO初値予想を初心者でもわかる外国為替FX、証券口座開設方法までオススメ情報満載

株ニュース倶楽部

IPO情報

ジェイテックコーポレーション初値予想とセカンダリー投資

投稿日:

ジェイテックコーポレーション東証マザーズ上場承認

ジェイテックコーポレーション初値予想

2018年1月25日に東京証券取引所がジェイテックコーポレーション(本社:大阪府茨木市、代表取締役社長:津村 尚史)東証マザーズ上場承認を発表。上場日は平成30年2月28日(水)を予定。主幹事証券SMBC日興証券、公募50万株、売出し50万株、OA(オーバーアロットメントによる売出し)15万株、業種別分類は金属製品、証券コード3446、仮条件決定2月9日、公開価格決定日は2月20日、想定発行価格2170円、事業内容は大型放射光施設で使われるX線ナノ集光ミラーの開発・製造・販売各種自動細胞培養装置等の開発・販売。

参考にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
参考IPOスケジュール2018年|初値予想と新規上場企業

ジェイテックコーポレーション事業内容




ジェイテックコーポレーション初値予想

ジェイテックコーポレーション公開規模は想定発行価格2170円X115万株=24億9500万円と東証マザーズIPOとしては資金調達額が大きく、初値騰落率が公開価格の2倍~3倍という初値高騰型IPOとはなりにくいと予想される。主な事業内容が「オプティカル事業」と「ライフサイエンス機器開発事業」となっており、創薬・医療技術分野におけるイノベーション推進に貢献するシステム開発販売を行っている。

初値は控え目、セカンダリー投資でどれだけ上値が試せるかというパターンの銘柄となりそうだ。折しも株式市況は26年ぶりの高値を回復する好調な環境であり、2018年IPOの2番目となることから、投資家は2カ月間のIPO空白期間で新規公開株には高い関心を持っていることはプラス材料と見る。公開価格の30%~50%を上回るとすれば2860円~3300円が期待できそう。

IPO銘柄を買いたい場合は、上場前の新規公開株の購入申し込みから抽選で当選する必要がある。今回は主幹事がSMBC日興証券で割り当てが一番多く、ネット証券ではチャレンジポイントが貯まるSBI証券、事前買付代金が不要な岡三証券(岡三オンライン証券)、サブで東洋証券、公平抽選で評判の良いマネックス証券からの申し込みをすると当選確率が高まるので口座開設の準備をした方がお得な株式投資方法となる。

ジェイテックコーポレーション(3446)幹事証券

引受人 引受株式数
SMBC日興証券 未定
野村證券 未定
SBI証券 未定
みずほ証券 未定
エース証券 未定
東洋証券 未定
岡三証券 未定
エイチ・エス証券 未定
マネックス証券 未定
500,000

-IPO情報
-, , ,

Copyright© 株ニュース倶楽部 , 2018 AllRights Reserved.